【初心者必見!】銀行や消費者金融はキャッシングの審査で何を見ている?

dd67a2502c58a8e6cef39cf088714efb_s

これからキャッシングを利用してみたいと思っている人。

キャッシングを利用することはそんなに難しいことではありません。
基本的に安定した収入がある人であれば、キャッシングを利用する事が出来ます。

キャッシングを利用する前には、どの金融会社でもそうですが、必ずキャッシングに対する審査を行います。
審査と聞いて不安になる人もいると思いますが、ここではキャッシングの審査で何を見ているか?という疑問についてお答えします。

1.金融取引におけるあなたの信用度を審査

審査の基本となるのが、あなたの「金融取引における信用度」です。「金融取引における信用度」とは、あなたがお持ちのクレジットカード等、金融取引に関して信用がおけるかどうかを確認されます。

その審査における基本的な内容としては、クレジットカードの利用に対し、支払遅延、延滞などが発生しているかどうかという点を確認します。
確認するといっても、申込者本人に状況をヒアリングする訳ではありません。金融業会には信用情報機関という、各個人におけるカード取引状況を照会出来る機関があります。
その信用情報機関を利用し、あなたのカード取引における状況を確認する事になります。

もし、過去に引き落としが出来なかった、又は返済が遅延していた等といった実績があると、審査では不利になります。引き落としが出来ないといった事は、誰にでも1度や2度あるものです。

ですので、1度や2度引き落としが出来なかったレベルでは審査に大きな問題はありません。ですが、過去1年間の間に3回以上クレジットカードの引き落としに間に合わなかった事がある人は要注意です。お金にルーズな人と判断されてしまいます。

また、支払いを何ヶ月も遅延させてしまったという経験がある人も、要注意です。支払っていない期間が長ければ長いほど不利になります。キャッシングを申し込む時点で、返済遅延状況である場合は、一番影響します。この様な状況の人は申し込みをしない方がよいです。審査で落とされる可能性が高いです。
キャッシング

また、自分自身が意外と支払遅延と認識していないケースがあります。それは携帯電話代や公共料金の支払遅延です。
この記事を読んでいる方の中には、この様な利用料金をクレジット払いにされている人もいるのではないかと思います。

これらの支払いが頻繁に遅延してしまっている人も、結局はクレジットカードの支払いを滞納したという事になるため、結果的にクレジットカード利用における信用を失ってしまっています。
クレジットカードを持っている人はまず、これらの事をよく理解しておきましょう。

また、クレジットカードを持っていないという人もいるかと思います。
クレジットカードを持っていないという事は、審査する金融会社としては、あなたの信用度を審査する術がありません。
お金に対してルーズなのかどうかも判断が出来ないという事になります。

この様な人は、悪い評価もされませんが、良い評価もされません。一般的に消費者金融や銀行など、お金を貸す方として、良い評価をするのは「クレジットカードをたくさん利用し、遅延なくしっかりと返済している人」に対して良い評価をします。

2.社会的立場における信用度を審査

次に審査の基本となるのが、「社会的立場における信用度」です。キャッシングを利用するには、まず収入を得ているという事が絶対条件となりますが、単に収入を得ているといっても、多種多様な職業の人が存在します。
この審査では、あなたが社会的にどの様な立場にいるのかという事を審査されます。

何といっても、一番信頼の高い職業が「公務員」です。「公務員」の方は、安定した収入を得ていて、かつ職を失う可能性が低い職業です。
これに該当される方は、高い信用を得ることが出来ます。では一般の方はどうでしょうか。
一般の方としては、大きく「自営業」の方と「会社員」の方に分ける事が出来ます。
さらには、契約社員、派遣社員、アルバイト、パートという立場の人もいます。この中で、評価の順位をつけるとしたらどのようになるでしょうか?

・会社員
・契約社員
・派遣社員
・自営業、アルバイト、パート

(参考記事)
自営業・個人事業主の方必読!キャッシング利用についてのポイントとは
>派遣社員や契約社員の失敗しないキャッシング申し込みのコツと在籍確認方法

大きくは上記の様な順位で、評価されます。この考え方の根底には、やはり、安定した収入=雇用関係がしっかりしているかどうかという観点で判断されます。
その様な目線で見たとき、会社員は社員として会社としっかりとした雇用関係があるため、評価は高くなります。
契約社員や派遣社員は、会社の経営によりいつ解雇になってもおかしくない立場であるため、会社員と比較すると、やはり信用度は落ちてしまいます。

自営業の方は、雇用関係ではなく、「安定とした収入」という面が信用に大きく左右されます。いつ収入が断たれるか分からない為、評価は低くなってしまいます。

アルバイト、パートも同じ内容で評価されるでしょう。近年、5年以上の契約社員の方には無期雇用としての契約を取り交わさなければならないという法律が設立されました。これにより、会社都合による解雇は実質難しくなってきておりますので、昔に比べて契約社員の方の評価は少し上がっているかもしれません。

よく勘違いされるのは、「収入が多ければ多いほど、評価が良くなる」という考えです。上記の内容の通りですが、審査では収入が問題ではないのですね。「安定した収入がこの先も得ていける人」なのかどうか、ここが評価のポイントになってきます。
当然、収入が多ければ多いに越したことはありませんが、収入が多くても安定していなければ、評価が下がり、キャッシングが出来ないというケースもあります。
キャッシング

3.社会人としてご自身の環境における審査

1では金融取引に関する審査、2ではあなた自身の社会的立場に対する審査でした。そして最後はご自身の環境に関する審査となります。
環境とは、あなたに家族がいるかどうか、結婚しているかどうか等といった、あなたが置かれている生活環境を指します。この審査ではあなた自身が使用できる収入がどれくらいあるかという事について焦点が充てられます。

その指標となるのが、家族構成です。例えば、独身、既婚、既婚+子供、親同居等様々な生活パターンが存在する訳です。では、その評価の順位はどうでしょうか?

・独身+親と同居
・独身
・既婚
・既婚+配偶者と同居
・既婚+配偶者及び子供と同居

上記の順番で評価されてきます。ここでの焦点は得た収入をどれだけ自由に使えるのかという点になります。当然、自分ひとりで自由に使えるお金を持っている方が、有利となります。

如何でしたか?これまで記載の通り、審査には大きく3つの見方から評価されます。
しかしながら、審査に対し構える必要はありません。
マイナスの評価に繋がる様なことをしていないのであれば、大きな問題にはなりません。たまに、審査に対して、自分をよく見せようと、嘘をついて申請をする人がいます。

これだけは止めて下さいね。冒頭の方にも記載しましたが、虚偽の申告をしたところで、信用情報機関の情報からすぐにバレてしまいます。
そうなると、嘘をついたということが仇となり、審査には通らなくなる可能性があります。ですので、申し込みには嘘をつかず正直に自分の状況を伝えるようにしましょう。申し込みに虚偽なく申告する事で、信用に対する評価は上がるのです。

審査に関しての大枠は以上の通りとなります。実際の審査ではもっと細かい目線から申込者の審査をする事になりますが、金融会社もお金を貸すことで利益を得るビジネスです。

出来るだけ多くの方に利用してもらう方がよいのです。そのため、最低限の評価さえクリア出来ていれば、金融会社はキャッシングを利用可能と判断をしてくれます。

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中