カードローンキャッシング枠を減額された理由を知りたい!3つの事例と対処法とは

キャッシング

クレジットカードやキャッシングを利用していて、利用枠を減らされてしまったという話は聞いたことありませんか?
実は最初の契約した時の限度額がいきなり減額されてしまうことがあります。
なぜ、減額されてしまったのか。またそうなった時の対処方法として知っておきたいと思われることをこちらでご紹介していきます。

キャッシング利用限度額がいきなり減額される3つの理由

1.返済の滞納をしてしまう。繰り返してしまう。

特に事前の連絡もなく、返済の滞納が長期または何度も繰り返し行なってしまうと、お金を返してくれないという信用力が下がり、これ以上の借入れを制限するため、限度額を減らす。または利用停止にする可能性だってあります。

そのような自体にならないように注意すること必要です。
(関連記事)
キャッシング返済を滞納|4つのリスクと緊急の対策方法とは

2.他社で借入していることが知られてしまう

すでに借入を行なっていて、他の会社で借入れを行なったとき、その合計額が年収の3分の1である金額を超えた。
つまり総量規制の額を超えたとき、1社目が銀行以外の消費者金融となった場合は、これ以上融資残高が増えないように、借入枠を下げる必要があります。

ここで気になる点として、最初に借り入れた貸金業者には、わざわざどの会社から借入れたかという報告義務はありません。
ではなぜ、個人情報には厳しい日本社会で、借入れされていることが他社に伝わるのでしょうかわかるのでしょうか。

それは、その総量規制で定められている規定により、1ヶ月のキャッシング利用の合計が5万円以上かつキャッシング残高が10万円を超える場合に毎月の継続審査が義務付けられているからです。

つまり初回の申し込み以外にも、金融機関はその条件に該当する貸付がある場合、CICやJICCなどの信用情報機関に審査のうえで照会行う必要があるということです。
(関連記事)
基準額超過極度方式基本契約(リボルビング)にかかる調査とは
※豆知識!個人信用情報機関とはーCICとJICCの違いとは

そこで、他社の借入れがどれくらいあるかを把握することができ、能動的に上限額の制限をかけるという流れになるわけです。
バレないということは絶対ありませんので、認識しておくことが必要です。

3.借入はしていないのに減額されてしまう理由

さきほどは実質全ての会社の借入額の合計が、総量規制を超えてしまうことに、減額の理由がありました。
ただ実はその借入れを行なっていないにも関わらず減額されてしまうケースがあります。

それは、会社によっては保守的な考えである場合に、自社以外のキャッシング枠(まだ利用していない分)も利用中と取らえて制限をかけるケースたがあるということです。

基本的に借入希望額に対して、貸金業社が提示する上限額は総量規制をのぞいては、貸金業社の裁量によるものです。
そのため、年収の3分の1の借入れをせずとも、この裁量によって減額されてしまうことがあります。

限度額が減額されないための方法

そこで、先ほどの借入れせずとも減額されてしまわないようにするため、利用していない。または、今度も利用する予定がない余分なキャッシング枠は自分から減額または、返済が済んだものは解約しておくことで、減額されないようにすることが可能です。

日本初、銀行からの個別提案型ローンサービス
ニュースレター登録、ただいま受付中
画像タイトルや代替えテキスト