カードローンやキャッシングの一括返済|端数の扱いと見落としがちな注意点

一括返済

カードローンやキャッシングの返済をATMでしていくと、最後に1000円未満単位の端数が借入の残高として残ってしまうことがあります。

実はこの端数についての返済方法がわからない人が多いため、その内容と見落としがちな注意点をこちらで紹介していきます。

小銭を入金できないATMとできるATM

端数を返済できないのは、ATMに硬貨を入れることができないことが理由です。
小銭の手続きに対応していない機種がコンビニに設置されているATMを中心に多く存在しています。

このようなATMを利用する場合、1000円単位でしか返済ができないため、端数が残ってしまうことになるわけです。
一方、大手銀行のATMであれば硬貨を入金することができるため、端数の返済自体行うことが可能となります。

端数の残高には利息がかからない

カードローンやキャッシングでは利用している残高に対し、契約時の金利がかかります。
とはいえ、先ほどのようにATMで小銭の返済ができないはどうするのでしょうか。
・多く返済する
・そのままにしておく
しか選択肢がありません。
しかし、多くの人が勘違いしているのが「1,000円未満の端数には利息は発生しない」という点です。
そこで端数の残高について多くの金融会社では「無利息残高」とみなし、事実上の返済完了とします。

利息が発生しない以上は、放置しておいても実質的に損は起こらないということになります。

端数は延滞や遅延扱いになることはありません。

利息は発生しない以外に、返済についても事実上の返済完了とされているため、端数の残高があったとしても、延滞や遅延扱いになることがない。というのが特徴的です。

CICやJICCの信用情報機関にも遅延や延滞として記録されないのでご安心ください。

(関連記事)
>指定情報機関 JICCで取り寄せる信用情報記録開示書の見方について

端数と残していることの注意点

1000円未満の残高を返済しないからといって、利息や延滞にもならないことは理解いただけたかと思います。
ただ、以下内容については認識してくことが必要です。

完済扱いになっても、契約関係は残っている

完済と解約は別です。本当にもうこれ以降使う予定が考えられないない。ということであれば解約は行うべきです。
ある意味一部端数を残しているということは、金融機関にとってはまた利用してもらうことを望んでいる戦略的な一面もあります。

完済したということは、信用力が高いことを意味に、企業にとっては優良顧客という位置付けになります。
一方、利用者にとってみても、完済の状態だと利用限度額は基本的に変わらないか、増えるか。というだけなので、次にまた必要なタイミングがくればすぐに利用できるメリットはあると考えてよいでしょう。
(関連記事)
完済したキャッシングローンは解約したほうがいい?解約の利点と解約方法とは

残高よりも多く返済した時の手続き

端数が残っているのが気になるという方に金融機関として、
・キャッシング会社の窓口で支払う
・キャッシング会社の指定する口座に振り込む
という手段があります。

さらには、残高よりも多く受け付けることが金融機関では行われています。
硬貨の使えないATMでは最小単位が1000円ですから、例えば350円の残高が残ってしまった場合、650円のお釣りがでるようにすればいいのです。

そして、その650円は契約者の口座へ振り込みが行われます。
この場合、振込手数料はキャッシング会社負担となる場合が多いのですので、損はしません。
振込先の連絡などのやり取りも発生もするため、少々手間がかかってしまうのが実情です。

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中