アコム審査前の全8項目で検証 金利から在籍確認の電話対応方法 返済方法やATM手数料から増額などの分析

アコム

「はじめてのアコム〜」とコマーシャルでもよく見かけ、キャッシングカードローンでも人気の高いアコム。
こちらは三菱UFJフィナンシャルグループのカードローンになります。
ローンクレジットカード事業以外にも、信用保証事業や債権管理回収事業、さらには海外金融事業と、大きな集客力とともに、与信・審査ノウハウを蓄積した会社といえます。

東京都千代田区丸の内を本店とする会社となっています。

アコムのキャッシングカードローン 金利や融資限度額

キャッシングローンに関するアコムの基本的な情報はこちらです。(2019年4月現在)

年金利 3.0〜18.0%
ご融資額 1万円〜800万円まで
手続き ネットで契約可能。窓口や電話、郵送も可
審査時間 申込〜借入までWEBなら最短1時間
担保や保証人 不要
雇用形態 パートやアルバイト、契約社員や派遣社員も申込が可能
無利息期間 ご契約日翌日から30日間0円
審査通過率 43.7%(2018年12月時点)

アコムもアイフルと同じように、30日間の無料期間が存在します。
今やカードローンの初回利用時には無利息を用意することが利用者にとっては当たり前になってきている状況と言えます。
条件として返済期日が「35日ごと」のプランを利用いただくことになります。

アコムカードローン機能つきクレジットカード

アコムは数ある消費者金融の中で、他社よりも早くマスターカードにカードローン機能がついたクレジットを最初に発行しています。
利用時の返済方法は自動的にリボルビング(分割)払いで設定されます。
(関連記事)
カードリボ払いのデメリット|なぜ怖い?分割払いとの違いと利息や返済方法

クレジットカードを他に持たない場合は契約してもメリットはあると思いますが、機能が必要かどうかは申し込む前に検討しておいた方がよいでしょう。
リボ払いは非常に便利ですが、返済期間が長くなる恐れもありメリットばかりではないことは認識しておくべきです。

アコムで即日融資するための条件

アコムでキャッシングカードローンの申込をすると、最短1時間で融資が可能です。
当然一番最短で手続きし融資までの期間が短いのは、インターネットからの申込です。
指定口座に振込をしてもらう場合には、平日の日中である必要がありますが、グループ会社の三菱UFJ銀行とゆうちょ銀行の2行の口座へ振込する場合には、平日18時までの対応が可能となっています。

補足情報とし2017年のデータでは、インターネットの申込比率は全体の74.2%を占めるようです。
いかに即日にメリットがあるか伺える数字です。

アコム電話での在籍確認

アコムも他の消費者金融や銀行と同じように、カードローンに申し込むと勤務先への在籍確認が行われます。
この在籍確認を回避したい人は多くいると思います。

同僚に知られないようにするには、本人が電話に出ることです。
予め電話をかけてほしい時間をコールセンターなどで伝えておくことで、その時間に電話が鳴り自分自身で対応することです。

もし不在しがちということであっても心配は要りません。
担当者もプロですから、個人名で連絡が入りますし、わざわざローン審査で。。というように内容を漏らすようなことは一切ありませんので、安心ください。

アコムと他社大手消費者金融カードローンとの金利比較

キャッシング
他社と比較しても、金利が特別低いというわけではないようです。

カードローン 金利(年率) 借入上限金
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
レイクALSA 4.5~18.0% 1~500万円
アイフル 3.0~18.0% 1~800万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円
プロミス 3.0~17.8% 最大500万円

金利については金額によって18%以下に設定されるわけですが、それには借入額を100万円以上の融資になった時です。
法定金利では元本が100万円超で15%が上限になるので、15%以下の金利になることは間違いありません。
ただし利用者の多くは100万円以内の利用枠にとどまるため、実はあまり関係のない話になってくるということです。

また消費者金融のカードローンですから、貸金業法が適用となり、その場合には年収の3分の1までしか借入ができないことも認識しておく必要があります。(総量規制)

アコムキャッシングカードローン添付書類について

免許証や保険証などの本人確認書類とは別に、
アコムでの借入額が50万円を超える。または、他社との借入合計額が100万円を超えるといった場合には収入証明書提出が必要であることはお忘れないように、あらかじめ準備しておくと手続きがスムーズになります。
キャッシングの審査の添付書類|収入証明書が不要になるケースとは

アコム6つの返済方法

アコムの返済方法は以下の6つが用意されています。

返済方法 利用時間帯 手数料
インターネット 24時間365日 手数料無料
アコムATM 24時間365日 手数料無料
提携先ATM 24時間365日 108円または216円
店頭窓口 平日9時半~18時 手数料無料
口座振替(引き落とし) 毎月6日 手数料無料
銀行振込 金融機関の振込スケジュール 当銀行の振込手数料

提携ATMの利用や銀行振込だと手数料がかかることと、口座振替だと決まった金額しか返済できないのは、少し使い勝手が悪いかもしれません。
また窓口の場合は相談しながら返済することが可能なので、何か困ったことがあったら親身に相談にのってくれるようです。

アコムを利用している人が増額変更を行う場合

増額変更を行う場合、初めて利用してから少なくとも6ヶ月は増額変更はできません。
また利用中に何度かまたはしばらくの期間延滞をしていると、どんどん増額審査に通りにくくなります。

増額変更申込み方法

利用限度額の増額を行う場合には4つの申込方法が用意されています。
・店頭窓口で行う
・無人契約機むじんくんを利用する
・総合カードローンデスクに電話する
・ネットにログイン。「極度額等の変更のお申し込み」という案内がきている方のみ申込みが可能です。

増額変更完了するまでの手続き

増額変更には、もう一度新規契約と同様の審査が行われることになります。
今回増額で借入が50万円を超える場合には、収入証明書の添付を求められます。

在籍確認が行われるかは、収入証明書を添付すれば最初に一度行っているので、パスできる場合もあるようです。

また増額後の金額が年収3分の1を超えてはいけないため、増額申請をうけたアコム審査部は信用情報機構に照会を行う必要があります。
(関連記事)
キャッシング審査 信用情報機関 JICCの役割と登録履歴や期間について

照会を行なった時に、他社で借入があったり、返済に滞納があったりするとその履歴が閲覧できるようになっているため、申告しなくてもその実情は知られてしまうことになります。
聞かれることがほとんどなので、正確な金額まで覚えておく必要はないですが、大体他社での借入は◯万円ほどあります。と虚偽なく答えることが必要です。
(関連記事)
キャッシングカードローン 貸金業の業務帳簿の備付けの保存期間と閲覧とは

副次的ですが、増額が確定することで、例えば総額が100万円以上となり借り入れた場合には、適用金利が下がることが可能性として考えられます。

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中