カードローンやクレジットカードの個人信用情報機関とは CICやJICCの保有期間や開示方法の違いとは

1

(※建造物の写真は当該信用機関と関連性はありません。)

消費者金融でキャッシングを申し込みするとき、審査の中で個人信用情報機関、CICやJICCという機関を目にすることがあると思います。
各機関の違いがそれぞれ把握しておくことで、自分の情報がどこにあるのか、どのように掲載されているのかを確認することができます。是非豆知識として把握しておきましょう。

CIC(指定情報信用機関)とは

クレジットカード会社の共同出資により、昭和59年に設立された、主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関です。また、割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関として指定を受けた唯一の指定信用情報機関です。

<概要>信用情報の保有期間

延滞 延滞解消から5年
自己破産 5年
申し込み 6ヶ月
契約・借入・返済 5年
加盟には銀行、消費者金融会社、信販会社、流通系クレジット会社、保険会社、保証会社、携帯電話会社など様々なところが加入しています。

CICの役割

クレジットカードやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。
この信用情報は、クレジット会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。

CICが保有する情報

CICが保有している情報は以下になります。

CICの申込情報

 クレジットやローンの新規申込みにおける支払能力を調査するため、加盟会員が照会した事実を表す情報
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等の本人確認情報に加え、申し込みに関して照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等が該当します。
 保有期間は6ヶ月です。

CICのクレジットカード情報

 CIC加盟会員と締結した契約の内容や支払状況を表す情報として、
本人確認情報に加え、
 契約内容に関する、契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等、
 支払状況に関する、報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況、割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無、確定日、貸付日、出金額、残高等 
 保有期間は契約期間中および契約終了後5年以内です。

CICの利用記録

本人確認情報に加え、利用日、利用目的、利用会社名等です。
 保有期間は利用日より6ヶ月間です。
(CICに登録されている信用情報のうち「利用記録」は、照会元加盟会員以外には提供されません。ただし、ご本人は情報開示により確認することができます。)

CICへの利用(照会)の義務

原則、CICに加盟している会員は、適正な与信判断を行なうため、消費者からクレジットやローン取引の申込を受けた場合、CICに「全件照会」するものとしています。

ただし、与信対象総額が少額であるなどの支払能力の範囲内である場合であって、法令に違反しないときは、この限りではありません。
なお加盟会員によるCICの情報の利用は、オンラインによって行われます。

JICC(指定情報信用機関)とは

平成18年12月に公布された「貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律」において、多重債務問題の解決を図るために抜本的かつ総合的な対策が講じられました。

その中で「過剰貸付の防止策」としては、貸金業者が消費者の総借入残高を把握し、返済能力を超える貸付けを抑止する仕組みとして、個人向け貸付けを行う全ての貸金業者に対して、内閣総理大臣が指定する信用情報機関への照会義務などを課す指定信用情報機関制度が創設されました。

消費者信用産業の健全な発展と消費者の信用力を支える信用情報機関として、信用情報のプライバシー保護と利用のバランスを図りつつ、多様な発展を遂げている。

平成21年8月には、全業種横断型信用情報機関である株式会社シーシービーとの経営統合を経て、国内で唯一全業態を網羅する国内で最大規模の信用情報機関の基盤を確立しています。

さらに、平成22年3月には、貸金業法に基づく指定信用情報機関として内閣総理大臣から指定を受け、消費者信用産業の重要なインフラとしてさらなる発展が期待されています。

<概要>JICC信用情報の保有期間

延滞 延滞解消から1年
自己破産・個人再生・任意整理 5年
申し込み 6ヶ月
契約・借入・返済 5年

JICCの役割

信用情報機関が信用情報を一元管理することで、
・会員会社は、信用情報機関に登録されている消費者の信用情報を確認することで、当該消費者の信用力を正確に把握することが可能となり、消費者一人ひとりの信用力に応じたクレジットやローンなどのサービスを提供することが可能となります。
・消費者は、自身の信用力に基づき適正な信用供与を受けられ、スムーズにクレジットやローンなどを利用することが可能となります。
・その結果、消費者の信用力を超える無理な貸付けや借入れを未然に防ぐことが可能となり、消費者信用産業の健全な発展と消費者利益の促進を支える重要な役割を担っています。

JICCの保有する情報

JICCが保有している情報は以下になります。

本人を特定するための情報

氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等
保有期間は、契約内容に関する情報等が登録されている期間

JICCでの申込情報

人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号及び運転免許証等の記号番号等)、並びに申込日及び申込商品種別等
保有期間は、申込日から6ヵ月を超えない期間

契約内容に関する情報

登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額等
保有期間は、契約継続中及び完済日から5年を超えない期間

返済状況に関する情報

入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等
保有期間は、契約継続中及び完済日から5年を超えない期間(ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)

取引事実に関する情報

債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等
保有期間は、当該事実の発生日から5年を超えない期間(ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)

(関連記事)
>キャッシングカードローン 貸金業の業務帳簿の備付けの保存期間と閲覧とは

個人信用情報機関の開示請求方法の違い

キャッシング
CICの信用情報開示は、まず事前に電話での受付番号確認が必要なため、パソコンだけでは開示申請を行うことはできません。
インターネットから申請→会場報告書をダウンロードして確認、と非常に簡単に行うことができます。

CICは三機関の中で唯一開示申請、報告書の両方がインターネットから行うことができる上、インターネットであればJICCやJBAと異なり身分証明書の提出も不要のため、信用情報の確認が最も簡単です。

スマホと開示手数料支払い用のクレジットカードがあれば特に準備も必要ありません。
インターネットからの開示が行えない人は電話、郵送、全国七都市の窓口からでも開示ができるようになっています。

JICCに信用情報開示の申請をする方法はスマホアプリ、郵送、窓口(東京,大阪)の3種類あります。
公式サイトからの申請が可能なCICと比較すると、アプリのインストールという手間がかかる上に運転免許証や健康保険証といった身分証明書が必要になります。

アプリを利用して申し込んだ場合でも、開示報告書は郵送による受取になっています。
早く自分の信用情報を確認したい方や、郵便を家族に見られるのが心配という方にとっては不便なポイントになります。

FINE(貸金業法における指定信用情報機関制度に基づく情報交流)について

FINE(Financial Information Network)とは、貸金業法における指定信用情報機関制度に基づき、JICCと他の指定信用情報機関(CIC)との間で行っている指定信用情報機関間の相互交流ネットワークのことです。

貸金業法において創設された指定信用情報機関制度では、指定信用情報機関が複数存在する場合は、貸金業者が消費者の総借入残高を正確に把握できる仕組みとして、相互に残高情報などの交流を行うことが義務付けられています。

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中