Taimee(タイミー)のアプリをダウンロードして使い方から手数料や振込まで全5の項目で分析

日払い

空いた時間にすぐ働けるワークシェアサービス「タイミー」は、一時的に人手が足りない飲食店などと、空いた時間をスポットで働く事ができ、時間を有効活用したい人たちをマッチングするサービスです。

すでに宅配の領域では「ubereats」を街中でも見かける人が多いと思いますが、Taimeeは直接店内のホール案内や、チラシ配りなど、多岐にわたる労働をして報酬を得ることができるサービスです。

(以下は6月8日時点の最新の情報を掲載しています。)

Taimeeのアプリを利用するメリット1. すぐに働くことができる

アルバイトなどの雇用形態の場合、就労するまでに一度面接を行なって、採用のステップを踏んでから仕事が開始されます。

一方、Taimeeでは、お店ごとの求人に応募したり、採用面接を受けたりする必要はなく、アプリに空いた時間を入力するだけで、数多くの候補から「空いてる時間」に働けるお店を探すことができるのがメリットです。

Taimeeのアプリを利用するメリット2. 即時引き出しができる

6月3日の、24時間/365日いつでも報酬の引き出しができるようにアップデートがされたようです。

Taimeeのアプリの使い方

タイミー
@タイミー公式サイトより転載

1. 仕事を選ぶためにアプリをダウンロードする

App Storeでタイミーのアプリをダウンロードします。
SMS認証(電話番号を入力し4桁の番号を入力)を行い、名前・生年月日・プロフィール写真などをそれぞれ登録を進めていくことで、アカウント設定が完了します。

2. 働いてみたい仕事を探す

タイミー
こちらは、6月8日に募集していた仕事です。
飲食業以外にも、このようにポスティングなどの軽作業も募集されていて、時給換算だと1100円〜1500円程度のお仕事でした。

3. 応募する前にレビューの確認ができる

タイミー
仕事の案件が新規募集でない限り、このようにすでに働いた方のレビューが残されるようになっています。
対応が親切だったり、安心して業務ができた。というコメントがあれば、安心して応募することができるようになっています。

4. 応募時のチェックリスト確認

タイミー
応募をする前に、以下内容の確認を行います。
・必要な持ち物
・働くための条件の確認
・本人確認(初回のみ)
この全てが確認できないと応募できない仕様となっています。

本人確認は、写真付き身分証明書をアップロードして、運営側からの承認を待つ事になります。

5.応募から就労、報酬受け取りまでの流れ

残念ながら募集案件は少なくまだお仕事を試すことはできませんでした。
公式サイトによると、応募が完了したら、当日は職場まで出勤することになります。

業務開始と終了時にクライアント様から提示されるQRコードを必ず読み取る必要があり、チェックインチェックアウトを行います。
チェックアウトのQRコードを読み取り、誤りがなければ報酬が確定され、ウォレットに追加される運用になっています。

Taimee 仕事もまだまだ少ないしエリアが狭い

サイトを確認すると、1700箇所の募集掲載実績があるようですが、1日単位だとまだまだ少ないです。
またエリアは東京23区や神奈川県の一部でしかまだ提供されていないようなので、働くところを選んだり、エリアの制限なく利用するまでのフェーズまではしばらく時間がかかりそうです。

今後人手不足と言われる引っ越し業界とも提携が進むようで、多くの人不足を解消できる手段になってくることが期待できます。

Taimee はローンで借りる以外の資金調達できる手段となる

多くが学生が利用するサービスのようですが、主婦が空き時間に利用したり、社会人が副業として利用したり、色んな属性の方がすぐに資金を手に入れる手段としても利用メリットが出てくると思います。

突発的に資金が必要な事態となり、給料日までまだ期間を要する場合、少しでも空いている時間があればTaimeeを利用することで、支払いに間に合わせることもできます。
またすでに借り入れを行なっている人が、少しでも返済を早くできるような手段としても活用できるツールになるでしょう。

>タイミー公式サイトはこちら
(関連記事)
>キャッシングカードローンの繰り上げ返済 3つのメリットとデメリット
>キャッシングカードローンの返済の延滞でおこる4つのリスクとその解決策

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中