キャッシングカードローン審査の本人確認と収入証明書が不要になるケースとは

corinne-kutz-211251-unsplash

キャッシング審査には収入証明書が必要、、
キャッシングの申込みをするときには、必要添付書類の提出を求められますが、できるだけ短い工程でスピーディーに手続きしたいですよね。

職業によっても提出できる書類は様々ですし、実は提出を求められないケースもあったりします。
そのあたりを具体的に紐解いていきます。

キャッシングカードローンの本人確認

申し込み時の本人確認書類の提出により、本人確認を行います。
提出する本人確認書類とは、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなど公的機関から発行された写真付のものが主流です。

保健証などの証明写真がないもの対応可能と言えます。
また、学生証はケースバイケースで証明書になることもありますので、事前に確認しておくことをお勧めします。
(関連記事)
>キャッシング申し込み時の本人確認と犯罪による収益の移転防止に関する法律とは

キャッシングカードローンの審査に収入証明書が必要な理由

年収を確認するために必要な書類となりますが、業者によって利用目的が微妙に異なります。
また希望する限度額によって収入証明書の提出が必要になる場合があります。

貸金業法によるもの

消費者金融カードローンは、貸金業者に適用される「貸金業法」に則って営業をしています。
貸金業法には、
『貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。』とあります。

その貸金業法に消費者金融は年収の3分の1以上のお金を貸してはならないという法律があります。
その規制を遵守するため、調査項目の「顧客の収入や収益を調べなければならない」といった内容も含まれているため、収入証明書の提出を求められる事になるのです。
ただし、銀行はこの貸金業法の規制対象外となるため、この理由には当てはまりません。

カードローン会社に信用が低いと思われた場合など

求められる場合は明確な基準はありませんが一例を紹介すると、
・勤続年数が短い(1年前後、又は未満)
・審査担当者が申し込み情報が信ぴょう性が薄いと判断した
・信用情報で滞納等の金融事故情報が記載されている
ただ、現状基本的には最初から正しい情報が入力されているか。とくに現在の収入の面でいうと、その証拠確認は提出されなければわかり得ないものですので、そのようなフローになっています。
(関連記事)
キャッシングの審査に家族構成や勤続年数、持ち家・固定電話有無の影響とは

自営業の場合

一般の会社員であれば、会社の規模などから大まかな年収を把握することが出来ますが、自営業の方はそうしたことが難しくなります。
そのため、次で紹介する収入証明書が必要となってきます。
(関連記事)
※自営業・個人事業主の方必読!キャッシング利用についてのポイントとは

キャッシングカードローンに提出する主な収入証明書一覧

一般的な消費者金融業者であれば以下のようになっています。

・源泉徴収票 :直近年度のもの(公的年金等・退職所得の源泉徴収票を除く)
・給与明細書 :直近2ヶ月分と「賞与明細」があれば1年分 (金融機関によっては3ヶ月の場合もあり)
・課税証明書・住民税決定通知書・納税通知書・確定申告書 :住民税決定通知書は毎年6月頃に市区町村が発行。
・青色申告決算書・収支内訳書 :税務署受付印か税理士印もしくは電子申告の受付日時・番号のあるもの
・支払調書 :報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書
・所得証明書 :市区町村など役場にて発行のもの
・年金証書・年金通知書 :年金以外に主となる定期的な収入がある方に限る

給与明細1枚程度なら、すぐに用意できる人はいるでしょう。しかし、それを何か月分もそろえたり他の収入証明書を用意したりするのは、非常に手間がかかります。
例えば、源泉徴収票は毎年12月に配られると思いますが、それがもし紛失して手元になければ会社にお願いしないといけません。
大体1週間くらいはかかることになります。
課税証明書も今は自治体によってはコンビニで取得できるところもあるようですが、対応していないと窓口まで行く必要があります。
(関連記事)
キャッシングの審査で提出する源泉徴収票の中身について理解しよう

キャッシングカードローン利用に収入証明書が不要なケース

では逆に提出が不要な場合は、どのようなケースがあるんでしょうか。

1社から50万円未満の借入をする場合

この場合は、他の規制(他社からの借入がない。年収の3分の1未満の借入)がない場合は不要です。
逆をいうと、複数社を合わせて100万円以上の借り入れがある時や、1つの金融業者から50万円以上の借り入れを行う場合は身分証明と収入証明が必須になります。

最短でキャッシングをするためには、本来必要な金額が50万円未満なら、その金額を上限に申し込みをすると審査も早く通りやすいことになりますね。
(関連記事)
キャッシングの審査を落とされてしまう理由についての解説
最短スピードで融資を受けたい人必読!手続きに関するノウハウとリスクとは

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中