後払い決済の審査と期限までに支払わない滞納者 カードローンやクレカへの影響とは

後払い

今急速に広まりつつあるキャッシュレス決済。使い勝手のよさと還元キャンペーンもあって人気を高めている影で、その以前から支持されているのが「後払い決済」です。
昔から「ツケ払い」と称し古くは江戸時代からその商慣習はあったとされています。
後払いは、コミック専門店から古着ショップ、美容院にも導入されているだけでなく、EC系のサイトやアプリでも人気を博しています。
そんなクレジットカードとは別の支払い方法について、審査の仕組みや支払わない時のリスクなどを紹介します。

後払い決済が採用されているサービス・アプリ

後払いは、そのアプリを始めて利用する方にも簡単に利用することができます。どのようなサービスが提供されているのでしょうか。

「ツケ払い」で話題のZOZOTOWN

zozo ツケ払い
2016年11月にスタートしたZOZOTOWNのツケ払い
現在は利用限度額5万円(税抜)まで、ZOZOTOWN利用が始めての方も、ツケ払いが利用できます。
支払い期間は商品購入から2ヶ月間あり、コンビニや銀行振込で支払うことができます。手数料として324円が必要となります。
この決済に関しては、代行企業であるGMOペイメントサービスの「GMO後払い」というサービスを利用していることになります。

楽天ラクマの後払い

楽天ラクマ後払い
メルカリにつぐ大手フリマアプリ「楽天ラクマ」にも、後払いに採用されているのがこのPaidyというサービスです。
1ヶ月分のご利用をまとめて翌月に支払う点では、ZOZOよりも短いですが、支払い方法を口座振替にすることで手数料は0円とお得。
さらに利用限度額は固定ではなく、個人の信用によるものとなっているようです。
Paidyを採用している会社は、BUYMAやSHOPLISTなどファッション系のECやDMM.comにも利用されています。

メルカリ メルペイの後払い

メルカリ メルペイ 後払い
メルカリで商品を購入した場合の分は来月に1日にやることリストにお知らせが来ます。そこから支払い画面に行き支払い方法をコンビニします。後は通常のコンビニ・ATM選択画面になりますのでコンビニの端末で決済を行います。
また、メルペイについては、お店でのお支払い時に、「メルペイ」に残高が無くてもお買い物ができるサービスです。支払い期限は翌月で、手数料は300円が必要となっています。

後払い決済の審査の仕組み

上記のような後払いのサービス利用する場合、通販サイトや店舗で購入完了後に、後払いのサービス事業者が審査をしています。
その審査を通過した場合に、通販会社は商品を発送してくれますし、その場で決済を完了することができます。
基本的には、後日送付される請求書をもって支払いを完了させるという流れになります。

後払い決済の審査に利用される情報とは

クレジットカードや銀行などのカードローンと違い、後払い事業者はこのようなカード会社や金融機関が利用するようなCICやJICCなどの信用機関に照会をかけることはありません。
そこで、氏名や住所のほか、過去の利用実績を参照することになります。
また、ネット通販では、購入された方の信用情報と照合する通販信用情報サービス(株式会社SAVAWAYが運営)には加盟しているため、そのような信用情報を元にして、審査を行い利用可否や限度額を決めていくことになります。

後払い決済の審査に通るためのコツ

1.高額な商品は購入しないこと

ZOZOは利用限度額は5万円なので、それ以上になると当然否決になりますし、限度額が設定されていない後払いでも、最初は2-3万円までにとどめておく方が、審査には通りやすいようです。

2.請求書が届いたら期限までに払う

後払い決済においてもカードローンと同様、期限を滞納すると信用情報が一気に降下してしまいます。
なんども繰り返したり、1ヶ月以上も滞納になると、当然滞納中であれば同じ決済会社の後払いは利用できないですし、支払いを行なっても結論は変わらない可能性があります。

3.住所や連絡先は正確に

手続きを行う時の住所情報や名前が違っていると、情報の照合ができないことになり利用できないケースがあります。入力するときは正しい情報を丁寧に入力するように心がけましょう。

後払いの滞納 払わない場合のデメリット

後払いを期日までに支払わないと、
督促のメール、手紙、法的措置、内容証明から裁判までとどんどん重い手続きがやってきます。さらに以下のようなデメリットもありますので、そのポイントをご紹介します。

後払いが利用できない

お金を返していないのに、借りることはできない。という基本的な状態に陥ります。
先ほどお伝えしたとおり利用者の与信審査上、過去に未納や滞納がないか審査します。結果滞納があるとなると、そこで利用はできなくなります。

他社の後払いも利用できない

与信情報は、今滞納になっているサービスだけでなく、他社の後払いサービスでも共有されている場合があります。主にネット通販で購入したユーザの信用情報と照合する、株式会社SAVAWAYが運営の独自の通販信用情報サービスによるものです。

カードローンやクレジットカードへの影響は?

結論からいうと、これらの後払いを滞納にしていても、銀行や消費者金融のカードローンと、クレジットカードへの審査情報に影響はありません。JICCやCIC、JBAといった金融機関が扱う信用情報機関には加盟していないため、ローンなどが使えなくなるということはない。ということになります。

後払いを利用することで、ついつい高額な商品を購入してしまいがちになりますが、実質借金をしていることと変わらないので、計画的な利用を心がける必要があります。

日本初、銀行からの個別提案型ローンサービス
ニュースレター登録、ただいま受付中
画像タイトルや代替えテキスト