クレジットカードと同様に利用できる審査不要のVISAカードとは

VISA

キャッシングやカードローンなど融資の領域や、後払いサービスも必ず与信審査を行うのですが、実はクレジットカードと同様に利用できる「Vプリカ」「バンドルカード」には審査不要のサービスがあるのをご存知でしょうか。
審査なしで利用できるVISAカードの利用について、分析していきます。

審査不要のVISAカードVプリカとは

審査不要
ライフカード株式会社が提供するこの「Vプリカ」には、与信審査を必要としていません。
なぜなら、Vプリカはプリペイド型VISAカードだからです。
つまり、Vプリカの中に決済で使いたい金額を入金し、VISAカードとして支払いをすることができるカードです。
入金する方法は、
・クレジットカード
・ネットバンキング
・コンビニで買う
・インターネットからの購入
などが用意されています。
審査は不要ですが、18歳未満の利用はできないようになっています。

審査を必要としないため、収入証明など別途必要書類がありません。
アカウント開設さえすれば、すぐに利用できるのが特徴的です。

本人確認も不要なのにセキュリティは充実

通常のクレジットカードと大きく違う点は、審査が不要な点と本人確認も行わない点です。
つまり、カード名義もニックネームでも可能という点が非常に特徴的と言えます。
一方で、セキュリティの問題が気になると思いますが、万一紛失してもマイページからセキュリティロックをかけることができますので、安全。
さらに、利用ごとにメールが届くサービスや、利用明細も発行されますので、不正利用がないかは都度確認することができるようになっています。

その他通常のクレジットカードとの違いはこちら

Vプリカ クレジットカード
審査・本人確認資料 不要 必要
銀行口座登録 不要 必要
カード記載指名 ニックネーム可 本名
利用開始タイミング 発行完了後すぐ カード到着後(数日)
引落しタイミング 商品購入時すぐ 後日指定日
年会費 不要 必要なものあり
セキュリティロック あり 一部であり

>Vプリカ公式サイト

審査不要の後払いVISAカードバンドルカード

バンドルカード
こちらも誰でも作れるプリペイド型VISAカードです。
審査不要も本人確認が不要なのも、先ほどのVプリカとは同じ内容にはなりますが、18歳未満も親権者の同意があれば利用できるのが特徴的です。

バンドルカード利用のチャージ上限額とは

バンドルカード利用額には上限額が設定されています。

一回あたりのチャージ上限額 3万円
月間のチャージ上限額 12万円
全期間の上限額 100万円
最高可能残高 10万円

リアルなクレジットカード発行も可能

ネットだけで利用できるVISAカードとは違い、リアル店舗でも使えるカードを発行することができます。
発行手数料は300円かかりますが、実際のカードなのにも関わらず、審査・本人確認が不要なのは特徴的です。

>バンドルカード公式サイト

後払いの危険

バンドルカード
後払いができるカードというのは、使い勝手は実質クレジットカードと変わらない状態です。
ただし、大きく違うのは後払い=分割払いではない点です。
かならず翌月末には利用した金額をそのまま一括で支払わないといけない点です。
うっかり、リボ払いの感覚で利用しようとすると、意外に落とし穴に落ちてしまうケースです。必ず返済ができる額で計画的に利用する必要がある認識が必要です。
(関連記事)
>後払い決済の審査と期限までに支払わない滞納者 カードローンやクレカへの影響とは

まとめ

このように、通常のクレジットカードの場合、
・信用情報が低く与信審査に落ちてしまう
・年齢が18歳未満
などを理由に、VISAカードを使うことができません。
VISAが使えないことで利用できないサービスがあったり、わざわざコンビニや口座振込で支払わないといけない煩わしさを、解決できる特徴があります。
このような悩みを抱えている人はぜひ一度ご利用を検討してみてください。

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中