買取り価格を比較する「ヒカカク」で一括査定の使い方について

ヒカカク

家にある不用品を処分するときに、
ブランド服やバッグ、書籍やCD、家電製品や自転車バイクなど、買い取ってもらいたい商品に合わせてサイトやショップを選んでいる人は多いでしょう。
中にはメルカリのようなフリマサイトを利用して販売する人もいますが、普段から使いなれてなかったり、よほどのお値打ち商品でないと、交渉の連絡をやりとりしないといけないなど、販売までは難しいケースもあるようです。

そんなとき、売りたい商品をできるだけ少ない労力で高く売れるサービスがあればメリットありますよね。
そんな「ヒカカク」というサービスを紹介させていただきますので、ぜひご活用ください。

ヒカカクで一括査定

ヒカカク
ヒカカクでできることをまとめると、
・一括査定の申し込み
 →商品情報を送信して、最大5社から一括で査定結果を受け取ることができます。
・買取業者を見つかる
 →地域や買取方法などの条件に合う業者に査定依頼を送る
・買取相場を知ることができる
 →商品情報を入力して、買取相場や最高買取価格を調ることができます。

ヒカカク会員登録からの使い方

ヒカカク
会員登録後「無料で査定依頼する」というボタンと押したら、早速該当商品をカテゴリから入力していくことになります。
査定を行いたい商品の種別は豊富で、
・PC、スマホ、家電、カメラ、AV機器
・金券、チケット、ブランド品から家具
・貴金属や宝石から美術品や骨董品
・食品お酒やコスメ、自動車やバイク、さらには不動産まで
多岐に渡る商品を見積もりに出すことができます。

カテゴリを選んで、商品名を入力し、状態が新品なのか、中古美品なのかなど項目から選択し、
詳細や要望が特になければそちらは入力なしで、「次へ」へ進むことができます。
会員登録時の名前や住所に相違がないことを確認したら、そのまま見積もりは完了です。

一括査定申し込み完了のお知らせ

ヒカカク

見積もり依頼が完了とした段階で登録メールに配信されます。
添付のように査定依頼業者5社へ依頼されたことがメールでわかるようになっています。

ヒカカクで提案された金額

ヒカカク
今回はTOYOTAから発売された「Kirobomini」という会話ロボットを見積もりに出しました。
購入金額は定価で42000円ほど。
それが残念ながら3,000円が相場であることを知りました。
金額は下がりましたが、翌日には複数もの見積もり提案があったことがサービスの良さを感じました。

お金に困ったらヒカカクは使える

このように金銭になる商品が、売却してもいいものが手元にあれば、ヒカカクで一括見積もりを出すことができます。
実は前回ご紹介したCASHとヒカカクには資本関係があり、仕組みの裏側で繋がりがあるサービスになっています。

CASHも写真を撮るだけですぐに査定をしてくれるメリットがありますが、買取りできる領域がまだそこまで広くないことと、思ったよりも査定金額が安いとなれば、ヒカカクで見積もりを取って検討してもいいかもしれません。

(関連記事)
CASH(キャッシュ)アプリの使い方 写真を撮って即入金される仕組みを徹底分析

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中