メルカリでは売れない?特化型フリマアプリ4選と販売代行「トリクル」とは

アプリ

家にある不要なものを販売したい時にはメルカリを利用したことがある人、または利用を検討した人が多いのでは無いでしょうか。不要品とはいえ愛着のある商品や集めたものを販売するとなると、できるだけ高額で販売したいのが世の常。
同じように、購入したい側もできるだけ安く手に入れたいと思っている点はそれと同質です。

メルカリで売れない理由

多くの方が写真の撮り方やタイトルを工夫されていたり、少しずつ価格を安くしてみたり。と販売まで細かく設定し直したり工夫されています。
ただ初めてダウンロードした人や、まだ一品も販売されない人は、実績がないため購入者からレビューも当然つくことはなく、一人目に買ってもらうまでハードルが高いのは事実。
メッセージで問い合わせは来るものの、やり取りばかりでなかなか購入にまで至らない状況も散見されるようです。

中古品市場の再燃と課題

業績が低迷してきたブックオフグループホールディングス(GHD)が復調している。背景にあるのは宿敵でもあるフリーマーケット(フリマ)アプリ大手、メルカリからの思わぬ恩恵。中古品市場が押し広げられる一方、商品発送など個人間取引の手間を嫌ってリアル店舗に回帰する消費者が増えている。
メルカリ台頭がブックオフ潤す 消費者、手軽さに回帰
(出典)日経新聞2019/8/15

5周年で2.8億回の取引を発生させた実績のあるメルカリ。売りたい人と買いたい人が適正な価格でスピード感を持って売買できるようになることを、スマホの中で完結できるようにするのは一定の割合で諦めている人もいるようです。

特化型フリマアプリ4選

メルカリは確かにユーザ日本一のアプリです。ただ数が多すぎると販売者同士でも競争となり、なかなか売り買いがスムーズにいかない場合もあります。
そんなとき〇〇に特化したフリマサイトを利用してみてはいかがでしょうか。
認知度はこれからのアプリもありますが、メルカリに出品したままで、あとはその商品に特化したアプリも並行して利用してみてもいいかもしれません。
厳選した4つのサービスをご紹介します。

本のフリマアプリ「ブクマ」

ブクマ
本の裏表紙にあるISBNバーコードを読み込んだら、 売りたい価格・状態を選ぶだけ。つまり写真をとる必要がないのは、それだけで出品工数を削減することができますね。
引越しのタイミングとか、使わなくなった専門書をまとめて売る場合にも便利なアプリです。
>ブクマ公式サイト

時計のフリマアプリ「Timepeaks」

腕時計
高級時計を買い取ってもらうなら質屋のイメージもありますが、このTimepeaksもオススメです。
自分で出品となると、よほど詳しい人なら時価も把握している人いるかもしれませんが、やはりここはスキルのある専門家に任せる「宅配出品」が便利と思います。
出品数も豊富なので、ついつい好きなブランドを購入してしまいそうな声も。
>Timepeaks公式サイト

若い女性向けのフリマサイト「SHOPPIES」

SHOPPIES
主に若い女性をターゲットにしたようなアイテムが並ぶSHOPPIES
ブランドごとや、ワンピースやスカートなどカテゴリ単位で絞り込みをかけることができるのは当然で、多くのアイテムが揃っていることも魅力です。
実はメルカリよりもサービスの開始が早く、認知度の割にユーザーも多く居るようです。
意外に早く落札されるかも。
>SHOPPIES公式サイト

家電なら「Nojimaフリマ」

nojimaフリマ
なんと今年創業60周年を迎えた家電の老舗「ノジマ」が提供するアプリが存在します。
出品も非常に楽で、家電品の「型番」や箱についている「バーコード」が分かれば、スペック等は自動入力される機能つき!
写真を撮影して、3分で出品できます。
また小売店オリジナルとして、販売売上金をノジマオンラインポイントに返還することができ、実際に店舗でポイントも使えます。
中古品はフリマで販売し、新商品を店舗で買う。ということが体験できます。
認知がそれほど高くないアプリですが、家電に特化しているだけあり一度購入者の目に止まれば購入率は高いかもしれません。
ぜひ、メルカリと併用してみましょう。
>Nojimaフリマ公式サイト

売りたいアイテムを引き取りに来てくれるサービス「トリクル」

トリクル
自分で写真撮って、商品説明して、販売価格決めて、、と一連のやり取りにかかる出品コストを全て代行してくれるサービスが存在します。
2018年5月リリースの『トリクル』は、公開2週間で累計問い合わせが約800件と集荷枠に対して依頼が殺到した実績があります。
操作は簡単。アカウント開設し、引き取り先の個人情報や、指定日と商品を登録するだけです。
まさに登録して引き渡すだけ。運用はプロに任せることで楽して販売しちゃいましょう。

>トリクル公式サイト

フリマサイトではなく買取業者へ依頼するならこちらもおすすめ
>買取り価格を比較する「ヒカカク」で一括査定の使い方について

日本初、銀行からの個別提案型ローンサービス
ニュースレター登録、ただいま受付中
画像タイトルや代替えテキスト