車をシェアして維持費節約 カーシェアリングやライドシェアで副収入

マイカー

念願の夢が叶ってやっと車を手に入れたとき、意外にガソリン代や車検代など多くの維持費が馬鹿にならない。。
またマイカーローンなど分割で支払いをしている場合、ローンの返済額も負担となっているでしょう。
そんなとき、所有している車をシェアして副収入を得る手段はいかがでしょうか。

休日にしか利用しない人だと平日の間に有効活用して車に収入を得てもらうことができる、いくつかのシェアサービスが存在します。
そんな人気のサービスを厳選してご紹介させていただきます。

個人間の車シェア「Anyca」


Anycaは所有する車をレンタカーとしてサイト利用者にレンタルできるサービスです。
サイトにて会員登録をしたあと、車を写真に撮り、シェアの条件を登録していきます。

平均25,000円/月の維持費を削減することができている実績があるようです。
それでも、知らない第三者に利用されるのは不安という方にも、以下のようなサポートが充実しています。
・1日自動車保険加入
・24時間のカスタマーサポート(DeNAが運営しているので安心)
・ユーザーへのレビューが確認できる

金銭の受け取りはプラットフォームを通じて行うため、金銭のやりとりが利用者と発生しないのは安心です。

Anyca
サイト内では、Anycaでレンタルを提供した場合、1ヶ月でどれほどの報酬を受け取ることができるかシュミレーションすることができます。
都内や大阪では定期的に説明会も行われているようなので、タイミングが合えば是非参加をおすすめします。

>Anyca公式サイトはこちら

その他、カーシェアサービスは、「シェアのり」「Cafore」というサービスがあります。
是非比較してご利用検討してみてください。
>シェアのり公式サイト
>Cafore公式サイト

長距離ライドシェア「notteco」

notteco
いわゆる相乗りサービスです。
ライドシェアサービスは移動のシェアです。若者を中心に利用者が増加しており、帰省や観光だけでなく、フェスなどの地方で行われる音楽イベントなどを中心に広く利用されているようです。
nottecoで登録すると、
・ガソリン代や高速代等の実費をみんなで割勘になり、ドライバーも同乗者も、割った人数で移動することができる
・同じ趣味を持つような人と、楽しい時間や新しい出会いを創出できる

それでも、やはり知らない人を同乗させるのは抵抗ある方、「notteco」だと、
・本人確認書類を事前に提出済みのため、身元は判明している
・相互レビュー機能は通報機能がある
・24時間体制でのプロフィールやドライブ情報の監視・パトロール
がサポートとして用意されているので、ある程度不安は払拭できると思います。

肝心のコスト感ですが、
例えば新宿から成田空港まで高速道路を利用した場合だと、通常料金で3,020円ですので、2人載せると約1,000円で移動することができるため、2,000円分のコスト削減できる計算になります。

その他、ライドシェアサービスは、「nori-na」「GO RIDE」「CREW」などが主要個人ライドシェアサービスがあります。
>nori-na公式サイト
>GO RIDE公式サイト
>CREW公式サイト

車のシェア副収入 まとめ

車を利用しないときは、カーシェアリング
遠くまで乗るときは、ライドシェア
駐車場が空いているときは、空きスペースシェア(akippaなど)うまく使いこなすと、副収入が多く期待できますね。是非利用をご検討ください。
(関連記事)
>空きスペースを活用し副収入を 駐車場や物置の上手な活用法とは
>銀行のマイカーローンを選ぶ時の2つのポイントと審査通過に必要な年収とは

日本初、銀行からの個別提案型ローンサービス
ニュースレター登録、ただいま受付中
画像タイトルや代替えテキスト