実録!一人の親から見た教育費問題 小学校から大学までの負担を計算

教育費

小学校の「お受験」はまだしも、中学受験になると子供自身の意向が反映されるものだ。
「物心ついたとき」には、いろんな理由で子供自身が「中学受験したい」といい出す。
「親も受験している」という場合や「小学校内でなじめていない」「**でやりたいことがある」という場合などは特に、本人が希望している以上、親心として,受験させようと思うだろう。

しかしここから親も大変な思いをする。(以下金額は筆者が個別事例として計算したものであり、実際にはかなりの個人差があることはご容赦願いたい。)

昔に比べて中学受験のためには塾に通うのが当たり前になっている。
塾・家庭教師の値段はぴんきりだが、月々の授業料以外に講習代もかかるので年間にすると50万円くらいはかかる。
4年生から通うとすれば3年で150万円である。

受験費用と入学金の問題

受験自体も複数校受験する、入学金もかかる。合格発表日の関係上、入学金を第二志望以下の学校に先払いするケースもある。2校分の入学金となるとこれだけで80万円くらいになる。
中学からの授業料、高校進学時に再度入学金を払うケースや、授業料以外の費用もかかるケースもある。
毎年70万円程度が6年間かかる。
中高の間に他にもかかるものがある。定期代、クラブ活動費など、普通のクラブでも合宿等を考えればそれなりになる。学校行事でも途中の追加の飲食等避けられない。
毎年10万円程度はかかる。但し高3は完全受験体制になるのでこの費用は発生しない。

高1くらいからは大学受験に向けた塾、予備校等に通い出す。これもバラバラであるが、概ね中学受験の時の塾よりは高い。
年に70万円かかれば、3年間毎年で210万円となる。

大学受験はさらに受験校数を増やす傾向にあるが、入学金を二重に払わなければならないケースはほとんどない。だいたい70万円程度あれば足りる。
大学も私立となる場合が多いだろう。文系で年120万円くらい、理系のうち理工系等だと200万円くらいとなる。理系は過半とはいわないが、結構な割合で6年間進学となる場合もある。
つまり文系4年で約500万円、理系6年だと1,200万円となる。

理系文系の違いと私立大学について

医学・歯学の場合は入学金から6年間の授業料を足すと4千万円くらいになると聞く。大学受験のための予備校代も割高になるが一旦ここでは捨象する。

文系の場合は自分でアルバイトすることで、サークル等の費用は賄ってもらうとして、理系は授業も多いのでアルバイトばかりしているわけにもいかない。勉学においても、テキスト代、ゼミ活動、実験など授業料以外にかかる費用も多い。但しここは個人差がかなり大きいので一旦バイト代のみで親は負担しないとする。

以上を合計すると、
小学校4年生から受験勉強を始め、全てが私立に進学した場合、

1.大学私立文系:約1400万円
2.大学私立理工系:約2200万円
3.大学私立医歯系:約5000万円

いかがだろうか。3の場合は親も医学・歯学である場合が多いだろうから例外としても、
1.2とも、上記は、子供が中学受験したい、といったことを原因とした結果であり、ひとたび受験勉強を始めると、大学まで私立になる可能性は高い。

晩婚化が及ぼす影響と教育費

晩婚化の影響で、子供が大学に進学する頃には親は55歳を超えサラリーマンとしての賃金カーブが落ち始める。勿論中学以降途中で親の勤める会社の業績が落ち込み賃金が下がる可能性も当然ある。
他にも、例えば、二人以上子供がいれば、子供の学年サイクルによっては、年間200万円の出費になることもある。
受験したい子供に金がないと言うのは親として相当心苦しい。
勿論生まれてから大人になるまでに誰でもかかる養育費というのはここでは全く見ていない。

筆者個人の実感としては、高校から大学入学までがもっとも教育費がかかるタイミングであり、生活費を切り詰めた時期でもある。

中学受験させる親の負担はとても重い。

(関連記事)
>親からの仕送り金額の平均はいくらくらい?東京で大学生が一人暮らしに必要な生活費と仕送り金額とは

日本初、銀行からの個別提案型ローンサービス
ニュースレター登録、ただいま受付中
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

某大手保険会社にて、8年にわたり投融資担当、出資会社のうち、店頭公開(当時)に至ったのは10社以上。 保険担当に転じ、主に信託銀行のオペレーショナルリスクに関する商品開発、販売を担当。 近年では農林水産省、環境省の関連団体向け商品やシェアリングエコノミー関連事業社向け商品開発、販売を担当。 スタートアップ企業に事業者を繋ぐサポートを行う傍ら、行政書士事務所開業