個人が利用できる国や自治体の助成金・給付金を早く調べる方法とは

zaim

個人が利用できる補助金・助成金の調べ方について、最短で利用できる方法をご紹介します。
申請しなければ貰えないこの制度は、自治体によって内容や手続きは様々。その煩雑な手続きを解消するWEBサービス・アプリを紹介させていただきます。

自治体が公表している補助金は凄くわかりづらい

杉並区
例えば、検索サイトで「杉並区 給付金」と検索してみます。
そうすると、一番上位のページには、杉並区役所のサイトに書かれている給付金制度のページに遷移します。
杉並区
遷移したページでは、「生活支援」の中の「ひとり親家庭等支援」の給付金制度のページへ遷移します。
母子家庭などひとり親家庭の方は、利用できる給付金について、情報を得ることができますが、そうではない家庭の方は利用できる給付金はありません。

杉並区
ネット検索で慣れている人は、この区役所のサイトの前のカテゴリ「生活支援」に戻って、「生活にお困りのとき」ともう少し広い範囲の給付金が無いかを見に行かれると思います。

杉並区
そしてさらにその項目をたどっていくと、窓口は社会福祉法人 杉並区社会福祉協議会が窓口となっていて、区役所のページからはまた遷移して、当該法人のページへ遷移させます。。。
大体この辺で、結局どうすればいいか分からなくなり、記載されている電話番号に平日電話しようと思うのが殆どではないでしょうか。

補償の内容が変わるので、当然手続きに関する違いもあり、電話番号も窓口によって変わってきます。
要件に該当するか、何が利用できるかなどやり取りを重ねるごとに、他の連絡先を案内されたりなど、「たらい回し」に会う事態になることが予測できます。

そして、これら自治体の補助金・助成金は時期ごとに制度が新設されたり、配信されたり、対象が変更になったりします。
また、区だけでなく、都や民間が行っている内容もあります。
「何が利用できるか」「どこに申請するのか」「どう手続きをするのか」
多くの人が、この第一歩目の「何が利用できるか」をそもそも制度を知らないまま、損をしている人が多くいるのです。

家計簿アプリZaimの給付金チェック機能

zaim
国内第二位のダウンロード数を誇る家計簿アプリ「Zaim」(株式会社 Zaim 東京都港区)では、住んでいる地域や世帯構成、家計簿の記録から、もらえる可能性がある給付金や手当・控除を割り出す機能があります。
詳細はこちら
より詳細なプロフィールに合致する可能性がある地方自治体の給付金を自動抽出させるにはプレミアム会員登録(有料)が必要となりますが、無料でも数多くの機能が利用できます。

WEB(アプリダウンロードで)でアカウントを作成したら、「お金の便利帳」をクリック

(▼アプリの場合は左上アイコンをクリックすると、こちらのメニューバーが表示されます。)
zaim

「お金の便利帳」をクリックし「わたしの給付金」のバナーを選択すると、国の給付金・杉並区の給付金と選択する項目が表示されます。
無料ユーザーでも「全ての給付金」を見ることで、先ほどの自治体のページとは違い、登録されている条件によって、何が利用できるかがカテゴリ別に選択できるようになっています。

zaim

例えば、医療についての給付金を調べるとします。
zaim
高齢者がいる世帯や、医療のサポートが必要な方など、カテゴリ分けがされているので、分かりやすい点と、タイトルの下にも少し説明が表示されているので、該当するかどうかある程度内容が見えるような配慮もされています。

条件確認と申請手続きまでもスムーズ

zaim
さきほどの一覧にあった、おたふくかぜの予防接種についての費用一部助成について内容を調べていくと、対象年齢や金額などの概要・諸条件が記載されています。
そして、「公式サイトに移動」という項目をクリックすることで、杉並区>くらしのガイド>健康・医療・衛生>予防接種のページに遷移するようになります。
zaim
どうでしょうか。
zaimには登録情報を読み取って、当該エリアの給付金・補助金の一覧が表示されます。
先ほどの杉並区のページを最初に検索した時の「杉並区 給付金」では、表示されなかったメニューです。
つまり、予防接種について、何らか給付されることを何らかの形で予め知っていないと、検索にもかけないので、探し当てることができない給付金です。

本来は国がリーダーシップを取って、申請取得しやすくするために「情報を纏める」ということを怠っている結果、民間企業であるZaim社が経費をかけて作成したプロダクトです。
住居を引っ越しして間もない人や、調べても何が利用できるのか分かりづらいと諦めていた人にも、きっと役に立つサービスだと思いますので、お勧めです!

Zaim公式サイト「わたしの給付金」ページはこちら

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中