キャッシングカードローンの保証会社アコムやオリックスなどの3つの役割と保証人不要のメリットデメリットとは

リボルビング

保証人とは、主たる債務者がその債務を履行しない場合に、その履行をなす債務(保証債務)を負う者をいう。と民法で規定されています。
言い方と変えると「人的担保」とも呼ばれ、主たる債務者がお金を返済しない場合に、「借りた人に代わってそのお金を返済することを約束した人」のことを言います。

キャッシング・カードローンに保証人は必要か

結論から言うと、キャッシングを利用するにあたっては基本的に保証人を立てる必要はありません。
一般的にキャッシングやカードローンは、無担保・保証人不要で利用できるという手軽さが、最大の特徴となっているわけです。

キャッシングカードローン保証会社とは

貸主である金融機関が、任意の保証人をつけずに融資を行なっている背景として、主に消費者金融機関が保証会社になっているケースがほとんどです。
保証会社は保証料として代わりに金融機関から手数料をもらっています。
主な取引機関では、以下のようになっています。

金融機関名 保証会社名
三菱UFJ銀行カードローン
ソニー銀行カードローン
アコム株式会社
みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション
ジャパンネット銀行 SMBCコンシューマファイナンス株式会社(プロミス)
イオン銀行カードローン オリックスクレジット

カードローン保証会社の3つの役割

家族や直接の知り合いの個人に頼むわけではなく保証会社に依頼した場合の役割について、どのようなものがあるのでしょうか。

カードローン保証会社の役割1「代位弁済」

利用者の肩代わりをして返済を行うもの。

利用者が延滞をしたその期間が数カ月にわたると、保証会社に債権が移動します。
延滞した利用者の代わりに、保証会社が金融機関へ返済を行うのです。当然代位弁済(借入者に代わって返済しているだけ)ですので、求償といって、のちに借入者に対し、請求を行うことになります。

カードローン保証会社の役割2「延滞催促」

期日に返済が行われないとき、電話やメールなどさまざまな方法で、催促が行われますよね。
この催促業務は、保証会社が執り行うことがほとんどです。
書類が送られてくることもあり、あまりにも滞納が長引いた場合、裁判所を利用しての督促が行われる場合があります。

カードローン保証会社の役割3「審査」

金融機関から依頼を受け、利用者の審査を行います。
保証会社が借入者から必要な情報を聴取し、添付書類を提出させ、信用保証協会に照合を行うことをします。

カードローン保証人不要のメリット・デメリットとは

カードローンの申込には多くの金融機関が保証人は不要としています。融資希望者が自分で保証人を用意するとなるとその保証人の審査まで必要になってくるので、スピード感も含めて現実的ではないのが現状です。
それでも保証人が必要とする場合には、以下のようなメリットデメリットを参考にしてみてください。

カードローン保証人不要メリット

・煩雑な手続きを負うことなく、思い立った時にすぐにお金を借りることが可能
・返済不能になったときの周囲の人への影響が少ない
・誰にもお金を借りることを知られずに利用できる

カードローン保証人不要デメリット

・内緒で借りることで起こりうるトラブル
・保証料が含まれる分、金利が高くなる傾向がある
・借り入れの限度額が低いことがある

そもそも、家族以外に保証人を頼むこと自体が難しいですよね。
しかも安定的な収入がある家族が必要になってきます。逆に保証人を頼むぐらいなら本人への融資をお願いする方向になるんじゃないでしょうか。

そのように、保証人を探してくるのは非常に困難なため、最初から保証人の設定が必要ないものが多くを占めているわけです。
(関連記事)
貸金業のキャッシング・ローンにおいて、利息や保証料の制限とは

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中