任意整理のデメリットとは

貸金

任意整理とは

「任意整理」とは、取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算すること(引き直し計算)により借金を減額した上で(※1)、原則として金利をカットし、元本のみを3年程度の分割で返済する内容の和解を貸金業者と結び、以後この和解内容に従って返済を続けることで、借金を整理する手続きです。

任意整理と自己破産

任意整理は、自己破産や民事再生などのデメリットを避けながらも、上記の引き直し計算や金利のカットなどにより、そのまま返済を続ける場合に比べて実際に返済する金額を減額することができるという特徴があります(※2)。

※1 貸金業者が利息制限法の上限金利内の金利を設定している場合、引き直し計算を行っても借金は減額されません。但し、この場合でも金利のカットなどが見込めるため、弁護士に依頼するメリットはあります。

※2 金利(未払の金利、将来の金利、遅延損害金)のカットなどができるかどうかや、分割返済期間は貸金業者との和解内容によります。場合によっては、将来の金利や遅延損害金の全部または一部を返済せざるを得ないことや、分割返済期間が3年未満となることがあります。

任意整理した場合のデメリットとは

実際任意整理をした体験した人の話など基本知識はこちらで紹介します。

任意整理と信用情報

任意整理をして5年の期間は信用情報機関に記録が残るため、新たな借入ができません。次に借入れる場合、5年経てば情報が抹消されるので、あとどれくらいの期間保存されるのか気になる方は、一度開示請求をすればいいと思います。

>審査で金融機関が照会する文書|JICC (指定情報機関)への開示請求の手続き

任意整理と再分割

任意整理をしたことがあります。弁護士に依頼し再分割で支払うことで5社と和解し支払ました。

支払完了から5年はカードなどは作れないと弁護士に言われ(自己破産は7年と言われました)支払い完了後7年目にクレジットカードを申し込んだらとおりました。ゴールドカードも所持しました。さらにその後試しにVISAカードを申し込んだら限度額は低いですがカードは作れました。

他には、以下のようなことがあります。
・自分名義の持ち家があると、家を失う
・家族が自分名義の家族カードを作れなくなる

家族が連帯保証人になっていると、自分の借金の支払い義務を代わりに背負うことになるため、まずは、借金がどうしても返せない額まで膨れ上がってしまった時には、債務整理を代理で、和解交渉していただいた弁護士さん・司法書士さんに相談するのがベストなようです。

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中