カードローン 分割支払いができない時の理由3選とその対処方法とは

money-256314_1280

分割支払いができない時に対処する方法

10万円以上を超えるお買い物や支払いが発生し、今手元にお金がないとき、分割払いを利用したいですよね。
そこでクレジットカードの申込ができない時はどうすれば良いのでしょうか。

分割支払いができない時の理由3選とその対処方法

そもそも申し込みした分割払いの設定できないとき、どうしているのでしょうか。
できない理由を紹介していきます。

1.携帯電話料金の支払を滞納している

携帯会社は料金の滞納を嫌っています。
今利用している携帯電話の端末は通話料と合わせて月賦で契約している人がほとんどじゃないでしょうか。
携帯代金の滞納をしてしまった場合、その端末代金についても滞納してしまっていることを意識しないといけません。

特に、支払いが滞って強制解約になった人や、現在滞納中となると、新規の契約で分割払いを利用することはかなり難しくなってきます。
少し支払いが遅れるくらいであればたいして問題ではありません。ですが、毎回支払督促のはがきが来てからしか払わなかったり、強制解約寸前まで払ってなかったような過去がある人は審査でとても不利になります。
(関連記事)
スマホの料金を滞納するとキャッシングの審査に通らなくなる危険

携帯キャリアの未払い等による事故情報は5年間共有されてしまうことは、認識しておくことが必須になります。

2.ご利用可能額を超えている・ご利用可能枠が設定されていない

「ショッピングリボ払い・分割払い」のご利用可能額を超えている。
「総枠」のご利用可能額を超えている。
「ショッピングリボ払い・分割払い」のご利用可能枠が設定されていない
これは当然ですね。

利用可能額の追加設定は、もう一度審査になります。同じカードでポイントなどためたい場合は、追加申し込みが必要となりますが、利用状況に問題があれば、審査に落ちてしまうこともありますので、注意が必要です。
(関連記事)
リボ払いはデメリット?分割払いとの違いや利息・返済方法について

3.クレジットカードの利用で、口座からの引き落としができないままになっている

支払日に引き落としができないと、分割払いどころか、カード自体の利用が一時的に利用できなくなります。
(注意すべきポイント)
・支払っても利用限度額が引き下げられることがある
・契約内容の変更や強制解約されることもある
・総残高を一括で支払うように求められることもある

入金を忘れてしまった場合、つまり、口座の残高不足で引き落としが出来なかった場合、再振替サービス(自動再引き落とし)と言って、口座振替日から数日間は再度引き落としがかかるようになっていますので、安心してください。

一定期間経って入金がない場合は、コールセンターなどから電話で入金確認が入ることがあるようです。
その場合は、自身の口座に入れての引き落としではなく、指定の口座に振り込むよう指定が入るケースが多いようです。

奨学金の滞納

その他、奨学金返済の滞納も理由になることがあります。
奨学金の滞納も、信用情報機関であるCICに登録されるようになりました。奨学金の滞納も信用情報機関に登録されているとブラックリスト扱いになります。
(関連記事)
※意外と知らない?銀行で行ってる融資審査と落ちたときの対策とは
ブラックと呼ばれる状態でも「安心して融資を受けることができること」とは
学費について国の教育ローン奨学金と金融機関が行う教育ローンの違いとは

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中