キャッシングカードローン利用限度額の賢い増額方法と増額変更できなかった時の対策とは

aerial-business-computer-1011329

キャッシングやクレジットカードを利用している人が利用限度額を上げる場合、カード会社に利用限度額増枠の申請をする必要があります。
カード会社のコールセンターへ電話するか、会員専用WEBサイトから申し込んで下さい。
毎月決まった金額を滞りなく返済しているなどカード会社から信用力を評価されている方であれば、最高限度額を上げることができます。

カード会社によっては、優良顧客であれば、自動的に利用限度額が上がるケースもあります。

カードローンを急ぎで利用する場合でも増額変更には時間はかかる

増枠の審査にかかる時間は、平均的に2~3日かかると言われています。
増額審査にかかる時間はクレジットカード会社によって異なりますが、最短でも2-3日必要でカード会社によっては結果がわかるまでに1週間以上かかることも少なくないです。

すでに契約のあるカード会社でも始めて借りる時と変わらないくらいの時間は必要になってきます。

時間的余裕をもって、必要になる時期から10日から2週間前くらいに申し込みするのがタイミングかもしれません。

カードローンは本来自分から利用限度額の増枠の申請はしないほうがいい

従来、クレジットカードの増枠というのはカード会社が行うものであり、自分から利用枠増枠申請はしないほうが良いです。
基本的にカード会社では増枠申請が可能となっていますが、増枠申請することで入会審査と同じように審査を受けなければいけません。
(関連記事)
キャッシングの審査に落ちてしまった人必見!失敗しない方法7選
増枠審査に落ちてしまえば、当然増枠は見送りとなるわけですが、結果減額になってしまったり、最悪の場合カードを利用停止にされてしまう可能性もあるのです。
利用停止になると、次に同じカードの利用限度額内でも追加で利用ようとしても、制限されてしまうことになります。

カードローンの賢い増額変更の方法とは

一方で、返済が良好であれば利用から数ヶ月もすれば金融機関から増額の提案が入ることもあります。
多くの利用を促し利息を請求できるということが当然会社の利益につながるからです。

今は必要ではなくても予め枠だけ用意しておくことは賢明と言えるでしょう。

カードローン増額変更のの審査に落ちてしまいやすい人の5つの特徴

キャッシングカードローンでは、比較的審査通過率が高いと言われている消費者金融でもよくて45%前後です。
半数以上の申込者が審査に落ちたことになります。
落ちてしまう理由・特徴について言及させていただきます。

カードローン増額審査に落ちる理由1. 他社借入金額が増えている

増額時にはもう一度審査が入ります。その際にwebや口頭でも現在の他社借入状況を確認されます。さらに信用情報機関に照会がかけられるのが主流です。
その際、他社借入が想定よりも増加している場合は、返済能力の低下を懸念されてしまうことになります。

カードローン増額審査に落ちる理由2. 毎月の返済が遅れがちになっている

カードローンの返済を毎月コツコツしてれば問題ないのですが、逆に状況が良好でない人は増額審査に対して不利になります。

カードローン増額審査に落ちる理由3. 収入状況の改善なし

転職等で雇用形態がアルバイトやパートになっていたり、年収状況が悪化している。または勤続期間が短い人は、返済能力が低下していると見なされるため審査に落ちる可能性があります。

カードローン増額審査に落ちる理由4. 金融事故を起こしてしている

確実に審査落ちしてしまうのは、この金融事故です。他社のクレジットカードやローンで、返済の長期延滞などを起こしている人などは、その利用状況が金融事故化し、信用情報が傷つくからです。

カードローン増額審査に落ちる理由5. 増額申込時に虚偽申告をした

収入状況等を故意に偽ると、いずれ収入収入証明書の添付を促されますから、その嘘は必ずバレます。増額審査は当然受け付けてくれない結果となります。。

カードローンをどうしても追加で利用が必要なら、新たに新規契約の検討がおすすめ

他の会社ならキャッシングを利用できるのに、すでに利用している同じカード会社であっても利用の制限をされてしまうことはあります。返済をきちっとしていたり、総量規制にかからない利用枠なら新規の申し込みを検討してもいいかもしれません。
(関連記事)
年収の3分の1の貸付、総量規制から除外される契約について

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中