人気資格スクールの費用感、学費をスクールローンで支払うための方法とは

融資 資格

社会人に出て、キャリアアップをするために資格の学校に行く人は多いですよね。
どのような職業訓練が人気なのか、皆さんはご存知ですか?
費用感とともに、こちらでご紹介させていただきます。

受験者増えている、人気資格一覧

筆者独断ではありますが、今人気のある職業資格とその費用感をご案内します。

日商簿記検定試験

平均15万円〜20万円
年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。 1級に合格すると税理士試験の受験資格が得られることでも有名です。

中小企業診断士

会社の経営を左右する責任のある仕事ができるため、大きなやりがいをもつことができます。
有資格者の年収の相場は800~1,000万円ほどと言われています。
通学制、通信制それほど大きな価格差はなく30万円前後が相場となっています。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとはお客様のニーズにあったライフプランを実現するために資産設計を行なう仕事です。
金融、証券、保険・年金、ローン、不動産、税金等などの幅広い知識が必要とされます。
数万円〜20万円程度で設定されているものが多いようですが、他の資格とレベルや講座内容によって差があります。

宅地建物取引主任者

宅建主任者は独占業務なので常に需要があります。
どの事務所においても不動産の賃貸を扱う場合、5人に対して1人以上の割合で宅地建物取引主任者の有資格者を配置するよう、法律で定められていますので、需要がなくなることはありません。
ですから現在の不動産業界においては、必要不可欠な資格です。
通学なら10万円~15万円くらい、通信なら3万円〜10万円の範囲のようです。

ネイルスクール

卒業にかかる日数は半年から長い人で2年くらいのようです。時間に余裕のある人は毎日通って短期間で卒業できますし、仕事に通いながらという人は、週末だけ、もしくは夜だけ何回かとなると少し長くかかってしまうかもしれません。
スクールの費用は大体20万~100万くらいになるようです。

資格取得のスクール費用はローンもおすすめ

その他、MBAビジネススクール、トリマー、エステティシャン、公認会計士、プログラミングなど、多くの資格学校があります。大学から専門学校、通学も当然、地方の方や普段忙しい方には通信制やDVDなどの録画講義も充実している学校も多くあります。

ビジネススキルアップとして、国家資格から民間の資格まで半年から2年ほど時間かけて受ける授業には、数十万とそれなりの費用感になってきます。

国の教育ローンと同じように、民間の金融機関でも多くの教育ローンは商品展開されています。

(関連記事)
英会話で英語力を習得したい!多目的ローンや教育ローンで授業料の分割払いができる
学費について国の教育ローン奨学金と金融機関が行う教育ローンの違いとは

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中