キャッシングカードローンの繰り上げ返済 3つのメリットとデメリット

キャッシング

融資の返済をしていく中で、支払い期限より繰上げて返済することについて、どれだけのメリットがあるか確認していきます。
またどのようなデメリットがあるか気になるところだと思います。

早速こちらで紹介させていただきます。

キャッシング繰り上げ返済のメリット3選

それでは具体的なメリットについて言及していきます。
やはり借入期間が長ければ長いほど、利息額がどんどん増えていきますので、1日でも早く返済することが、最終的に払う利息の総額が安く済みますよね。

1.繰上返済分は、全て元金の返済に充てられる

原則、返済額に上限はありません。金融機関にとっては利息の支払いが直接の売上になるわけですから、できるだけ長い間融資を実行させ、利息の総額は増やしたいわけです。

一方、消費者にとっては、早めに返す(期限の利益を放棄する)わけですから、個別の約定がない限り、それができるわけです。
よって、将来発生する利息が発生せずに返済をすることができるようになります。

2.繰り上げ返済で、次に必要な時に利用枠が増える

これも当然のことですが、決まった利用可能額の中でしか融資が受けることができませんので、早めに元本を返済しておくと、同じ金融機関でその分の借入を再度することができるわけです。
精神的なストレスも軽減されると思います。

また、利用実績が良いと金融機関が融資の枠を増やしたりすることもありますので、どんどん使い勝手も便利になってくるわけです。
(関連記事)
キャッシングで利用可能額を増額する方法。増やせなかった時の対策。

3.完済することで信用実績がつく

繰り上げとは直接の関連はありませんが、それでも完済した事実はその他の金融機関が照会をかけたときに、「貸したお金は滞納なく返済してくれる」という認識をもたせることができます。

次に大きな金額の融資が必要となり、他社も検討する場合には有利に働きやすい結果となるわけです。

キャッシング繰上げ返済のデメリット

一方、繰り上げ返済にデメリットはないのでしょうか。
是非以下を参考くださればと思います。

計画を誤ると生活資金にも影響させてしまう

繰り上げ返済にメリットがあるといっても、次の収入(給与)が入るまでの生活費+αは手元においておく必要があります。
ギリギリの状態で現金を所持しておくとなると、急な出費に対応できなくなり、資金繰りがうまくいかず、新たに借入れを行なってしまうこともあるかもしれません。

繰り上げ返済は臨時収入があった場合など、あまり無理をせず余裕があるときに行ないましょう。

繰上げ返済のコツ

繰上げ返済は、利息をできるだけ抑えて、確実に借入残高を早く減らすことができます。
オススメの返済するコツとは、毎月の返済日とは別に、給与や売上げなど収入が入ったタイミングで繰り上げ返済することです。
まず、給与を受け取った時に一度返済をしておき、次の給与までにどうしても厳しくなった時に、お金が必要になったタイミングで再度キャッシングするようにすれば、それまでの期間の利息を節約することができます。

まとめ

最後のデメリットというのも、どちらかといえば、手元においておく必要資金を把握する。つまり計画的な返済なら何ら問題ないわけです。
なかなか余分においておくことは難しいかもしれませんが、ATMで返済するときも手数料がかかりますので、できるだけ返済回数も少ない方がいいですね。
(関連記事)
キャッシングをATMで利用する時の手数料について

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中