キャッシングカードローン残高を効率よく返済するコツ 医療費控除や助成金 補助金を使った節約術とは

checklist-3222079_1280

人気節約術2回目は医療費についてです。
医療サービスを受けるときにも、いろいろな節約ポイントがあります。ぜひ参考にしていただければと思います。
できるだけ費用を抑えたり、還付の制度を利用して節約術を身につけて、効率よくキャッシングの返済していきましょう。

カードローン返済のために きっちり治療をうけてがっちり節約

必要な治療や医療サービスをしっかり受けて、かかった費用が還付されたり、できるだけ支出を抑える方法を紹介します。

医療費控除

確定申告や、サラリーマンの方なら年末調整の際に、かかった医療費の一部を所得税から控除することができる仕組みです。

医療費に事故や手術などでかかった方は、金額の一部を控除として受けることができるため、その分の払い過ぎた税金を還付金として受け取ることができます。
・算出方法
「その年に支払った医療費」ー「保険金などで補填される金額」ー「10万円または所得金額の5%」=医療費控除額(最高200万円)
・税務署に提出する書類
(a)医療費控除に関する事項を記載した確定申告書
(b)1年間の医療費の領収書(病院や薬局などの控除の対象となる出費の領収書等)
(c)給与所得の源泉徴収票
(関連記事)
怪我や病気で入院になった時の制度とローンについて

健康保険の高額療養費制度を利用する

高額療養費制度とは高額な医療費を支払ったときは高額療養費で健康保険から払い戻しが受けられる制度です。

その高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。

医療費の自己負担額といのは上限が決められていて、入っている健康保険の種別や年齢によって、自己負担上限額は異なります。
大体8万円程度〜10万円以内が自己負担額の上限となることが多いようです。

注意するポイントとしては、保険機関に指示された書類を提出してから、高額療養費の払い戻しを受けることができるのは約3ヶ月後となることです。
ただ、こちらには「高額療養費貸付制度」という制度が用意されています。

(関連記事)
【詳しく教えます!】怪我や病気での助成金と金融機関のローンについて

できれば月のはじめに入院する方がいい

高額療養費制度は1か月でかかった治療費で適用されるかどうかが決まります。月をまたぐように入院すると、それぞれの月の治療費が分散し、高額療養費制度の適用範囲外になってしまうことがあります。
可能であれば入院は月初めからにすると高額療養費制度を受けやすくなります。

大学病院では紹介状をもっていく

500床以上あるような総合病院や大学病院などでは「診療情報提供書」いわゆる「医師の紹介状」がないと、通常の料金に加えて初診時は5000円以上、再診時は2500円以上の「選定療養費」が請求されます。
よほどの事情が無い限り、まずは地域の個人病院やかかりつけの医師に相談し、紹介状を書いてもらいましょう。

インフルエンザ予防接種や人間ドックに使える補助金制度

インフルエンザ予防接種は病気の治療ではありませんので、健康保険の適用外になってしまいます。相場としては1回当たり2500~3000円程度の費用がかかることが多いようです。

そのような時、各健康保険組合のインフルエンザ予防接種の補助金制度を利用することができます。補助金の内容は健康保険組合によって異なりますが、保険の加入者やその家族に対して、1人1回1000~3000円程度の補助金が支給されます。費用の半額が補助されるようです。

申請の方法は、予防接種を受けて代金を支払った後、申請書や領収書といった必要書類を送付します。領収書は必ず保管しておきましょう。

人間ドックについても健康保険の補助があります。国民健康保険に加入している人は、自治体が実施している人間ドック助成金制度が利用できます。会社員の人は、勤務先が加入している健康保険の補助金制度を利用できますが、支給条件を35歳以上と定めているところが多いようです。
それぞれ加入されている健康保険に問い合わせしてください。

第三回キャッシングを早期に返済するための「人気節約術」-出産・子育てver-

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中