キャッシングカードローンの返済や借入に発生するATMの手数料について

ATM

コンビニ・銀行のATMを利用する場合は、キャッシングの借入・返済ともに手数料がかかります。

一方、キャッシング会社専用ATMを利用するのであれば、利用手数料は無料となっています。
同じく銀行系のカードローンであれば、同じグループ内でのATMの利用手数料については無料になります。

トータルすると意外とかかるATMの手数料について

コンビニなどに設置されているATMを利用すると以下の手数料が必要です。

キャッシング利用金額 ATM手数料
1万円以下 108円(税込)
1万円超え 216円(税込)

    

週に一回1万円を超えた額を一年間キャッシングした場合

上記の手数料に基づいて1週間に1回の出し入れを行なった場合で計算してみると、
216円×52週=11,232円になります。

追加融資のため借入をしたり、同じく1万円を超える金額で返済したりを毎週繰り返すだけで、11,232円の手数料がかかります。
これは利息とは別の金額になるため、実際その金額がかかってしまっていることの認識が改めて必要です。

たとえばクレジットカードの場合に、ポイントサービスによって、利用額に応じてポイントが還元されるとしても、 実際にATM利用手数料がこれだけかかってしまえば意味のないことになってしまいます。

ATM手数料を最小限に抑える方法について

最初に記載したように、キャッシングでも銀行系グループとして運営している場合は、手数料が無料で利用できます。
あとは、借入や特に返済については、何度も繰り返しATMを利用せず、できるだけ多くの金額で返済回数もを少なくして返済していくことをおすすめします。
(関連記事)
キャッシングの繰上げ返済やるやらない?3つのメリットとデメリット

日本初、銀行からの直接提案型ローンサービス
「クラウドローン」
画像タイトルや代替えテキスト

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社UPWARDS(一般社団法人Fintech協会会員)代表取締役 村田 1980年生 兵庫県神戸市出身|大手ネット銀行のリスク管理部出身|貸金業取扱主任者の資格取得者 銀行カードローンから、消費者金融のキャッシングについて、ノウハウやフィンテック系のトレンド情報から法律制度まで多彩なジャンルの情報を発信いたします。 現在、融資プラットフォーム「クラウドローン」立上げ中